借りた金は返さなくてもいいの?

借金が返せなくなって債務整理を検討中の情報日記です

自己破産を考えている人で負債にあたり保証人を立てている場合にはあらかじめ話してお

自己破産を考えている人で負債にあたり保証人を立てている場合にはあらかじめ話しておいたほうがよいでしょう。

再度、強調したいのですが、負債に保証人が存在するときは破産手続きの前段階にちょっと検討しておかなければなりません。

破産手続きを出して受理されれば保証人があなたの債務をすべて背負うことになってしまうからです。

やはり、破産の前段階で保証人になってくれた人にそれらの内容や現状を説明してお詫びをしなくてはならないでしょう。

そういったことはあなたの保証人の立場に立つと求められることです。

債務者のあなたが破産の申告をすることによってとたんに何百万円もの負債が生じるのですから。

それで、それ以降の保証人の選べる手段は4つあります。

1点目ですがあなたの保証人が「全部返金する」ということです。

その保証人がいつでも高額な債務を問題なく返せるような財産を用意しているならばそうすることが可能になります。

ただその場合は自分は破産の手続きをせずに保証人に立て替えてもらってあなたの保証人に毎月返していくということもできると思います。

その保証人が借金をした人と信頼関係にあるのなら、ある程度期日を繰り延べてもらうことも不可能ではないかもしれません。

いっぽう一括で返済不可能でもローン業者も話し合いで分割での返済に応じることもあります。

保証人に債務整理を行われてしまうと、お金が一円も返金されないことになってしまうからです。

その保証人がその借金を代わって支払う財力がなければ、借金しているあなたと同じくどれかの債務整理をすることを選ばなくてはなりません。

2つめは「任意整理」です。

債権者側と話し合うことでおおよそ5年弱の年月で返済する感じになります。

実際に弁護士事務所に依頼する場合のかかる経費は債権1件につきおよそ4万円。

もし7か所からのローンがあるとしたら28万円ほど必要になります。

また貸方との示談を自分ですることも可能ですが債務処理に関する経験や知識がない方の場合債権者が確実に有利な内容を用意してくるので注意しなければなりません。

くわえて、任意整理を行う場合はその保証人にお金を代わりに払ってもらうことになるのですから、あなたは時間がかかるとしてもあなたの保証人に返済を続けていく義務があります。

さらに3つめはあなたの保証人も返済できなくなった人といっしょに「破産申告する」という選択肢です。

保証人となっている人も破産した人といっしょに破産宣告すれば、保証人である人の返済義務も帳消しになります。

ですが、その保証人が不動産などを持っている場合は該当する個人資産を取り上げられますし税理士等の職についているならば影響を受けてしまいます。

その場合、個人再生という処理を検討するといいでしょう。

一番最後の4つめの選択肢ですが、「個人再生という制度を使う」ようにします。

マンション等の不動産を手元に残したまま負債整理をしていく場合や、自己破産では影響が出るお仕事にたずさわっている場合にメリットのあるのが個人再生です。

これなら、自宅は残りますし破産の場合のような職業にかかる制限、資格に影響する制限等は一切ありません。

「TVアニメ『賭ケグルイ』第5話よりあらすじ&先行場面カットが到着! ギャンブルの勝負の行方は、イカサマをしていた蕾が左右することとなり……? - アニメイトタイムズ」 より引用

アニメイトタイムズTVアニメ『賭ケグルイ』第5話よりあらすじ&先行場面カットが到着! ギャンブルの勝負の行方は、イカサマをしていた蕾が左右することとなり……?アニメイトタイムズ債務整理大集会に参加した夢子と芽亜里は、木渡、家畜の蕾奈々美とともに『二枚インディアンポーカー』で争っていた。虚偽の借金を申告してこのギャンブルに参加した木渡は家畜から搾取してやると豪語していたが、夢子と芽亜里の巧みなブラフ…(続きを読む)

引用元:http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&ct2=us&usg=AFQjCNH9HLyN3DRNsjXterUQV-prIQfrog&clid=c3a7d30bb8a4878e06b80cf16b898331&cid=52780626140762&ei=vnSEWfj1H9Hg4QKP46iYBg&url=http://www.animatetimes.com/news/details.php?id%3D1501224679