借りた金は返さなくてもいいの?

借金が返せなくなって債務整理を検討中の情報日記です

破産申請での手続きにしたがうなら、申請者は第一に申し立ての書類を申し立て者の住居

破産申請での手続きにしたがうなら、申請者は第一に申し立ての書類を申し立て者の住居を担う地方裁判所へ差し出すこととなります。

申請者から申立書が届くと担当裁判官は自己破産申請の決定をしなければいけない事由があるかどうかといったことを議論する流れになり審理の完了したとき申請した人に支払い不可な状況というような破産の要件が満たされていれば認可が与えられることとなります。

しかし、認定がもらえても、借入が消滅したことになりません。

今度は免責の認定を受ける必要があるのです。

免責という用語は自己破産申請の手続きの上で清算ができない申し立て者の返済額に関しては、法でその義務を消すというものなのです。

※端的に言えば借金額をゼロに戻すことです。

免責についても自己破産の許可の手続きと同様に裁判所権限で審理がおこなわれて、審査のあとに免責の決定が与えられた場合は、申請人は返済から自由になることになり借金はゼロになるわけです、その結果自動車ローンやクレジット払いが使用停止になることを除外すれば、破産認定者におよぶ不便からも逃れられることになるのです。

ところで、免責拒絶(義務を無しにはさせない)の判断がなされると債務そしてへもたらされる不便は存在し続けることにならざるをえません。

免責という制度は無理もない事由で借金を負ってしまい、苦しむ方を助けるための制度です。

というわけで、財産を秘匿して破産の処理をしたりするなど裁判官に対して不適切な文書を提出するなど破産制度を悪用しようとする人間や、カジノや豪遊などの浪費によって借金を作った方には、破産の許可過程をストップしたり、免責適用許されません。

破産に関する法律では、免責適用を受け取ることが認められない要因を先に説明した状況の他用意してありその理由を免責不許可の理由と呼んでいます。

「あのテレビCMでおなじみの法人で不祥事・トラブル続出 委任状捏造の疑いも - Business Journal (風刺記事) (プレスリリース)」 より引用

Business Journal (風刺記事) (プレスリリース)あのテレビCMでおなじみの法人で不祥事・トラブル続出 委任状捏造の疑いもBusiness Journal (風刺記事) (プレスリリース)男性にはほかに債務の残る借入先が2社あった。そこで3月末、男性は弁護士に債務整理を依頼することにした。過払い金を債務整理に充てられないかと考えた弁護士は、前述した完済先4社に対し取引履歴の照会をか…(続きを読む)

引用元:http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&ct2=us&usg=AFQjCNGqAQtPUEu_asVmqys-Btce5OI--A&clid=c3a7d30bb8a4878e06b80cf16b898331&ei=oktrWbD-JIqv4AKfmYHIDg&url=http://biz-journal.jp/2015/10/post_12132.html