借りた金は返さなくてもいいの?

借金が返せなくなって債務整理を検討中の情報日記です

書籍の広告、スポーツ新聞紙、電信柱にある宣伝チラシやDMなどで「借金の整理します」

書籍の広告、スポーツ新聞紙、電信柱にある宣伝チラシやDMなどで「借金の整理します」「多重債務を一括化したいと思ったら」というような売り言葉を目に入れることがあります。

これらは、「片付け屋」「買取業者」「紹介人」という通称の企業の嘘広告の場合もあるということです。

このようなものを使用した際には自己破産フローの中で一番重要な免責認定を得られない恐れが存在します。

「整頓業者」の場合多重債務者を引き寄せすさまじいサービス料を取り負債整頓を行うのですが、実際は負債整頓は行われないまま、債務人はもっと債務地獄に陥ってしまう結末がほぼすべてと思われます。

「買取業」の場合は、負債人の借金で、家電製品、飛行機の券などを大量に購入させ、借金者から品を値段の30%ー半値で受け取るという手法をとっています。

負債者は一時は金が増えますがカード業者経由で買ったものの全額の支払いが送られてきて、実際のところ負債額を悪化させるだけです。

この場合だとクレジット会社への詐欺に当たるとされてしまい免責承認を受けられません。

「紹介屋」では、名の知れたサラ金から拒絶された債務者に対して直接の提供はしないでおいて、融通をする別な店を呼んで、高い依頼料を受け取る業種です。

紹介業者は自分の努力で資金提供可能になったように話しますが、実際は何もしないで、規程の甘めの業者を分かっているというだけなのです。

このときも現実には債務額を増やす結果に終わります。

「《盤前》台幣看貶台電子股「暗爽」」 より引用

FED(聯準會)於六月再度升息,且可能於九月啟動縮減資產負債表,加上市場仍預期,FED在下半年,仍將依原計畫或於今年第三度升息,使新台幣兌美元匯價承壓,短中期看貶格局隱然成型,該局面對台股短多雖構成負面心理壓力,不排除外資持續逢高調節,但外銷 …(続きを読む)

引用元:http://www.chinatimes.com/realtimenews/20170619001663-260410