借りた金は返さなくてもいいの?

借金が返せなくなって債務整理を検討中の情報日記です

債務の支払について滞って万策尽きてしまったとき、自己破産手続きという債務整理の方

債務の支払について滞って万策尽きてしまったとき、自己破産手続きという債務整理の方法を考えたほうがいいときもありえます。

ならば、自己破産においては一体どういった利点が存在するのでしょうか?これから自己破産申請のポジティブな点をいくつかのケースを想定して書いていきたいと思っております。

※専門家(司法書士事務所在籍者や弁護士事務所在籍者)などといった人に自己破産の申立てを頼んで、その専門家を通じて介入通知(通知)が送付されると貸し主はこれより先、取り立てが禁止される故精神的負担においても経済的負担においても一息つけるようになるのです。

民法の専門家に頼った日から自己破産申請が終わるまでの間は(概して8ヶ月間)、返済をストップすることも可能です。

※破産の手続き(債務の免責)を済ませると累積した全部の返済義務のある債務を免除され、返済義務のある借入金による苦しみから解放されます。

※過払いが既に発生している場合において、その金額について返還の請求(払わなくても良いお金を取り返すこと)も同時に実行することが可能です。

※自己破産の申告を一度済ませると借りた会社の請求は禁止されます故、心を悩ませる支払の督促等は終わります。

※自己破産手続きの介入通知の執行後の所得は債権者ではなく自己破産申請者の私有できるものと決められています。

※破産の手続きの執行以降自分の賃金を押さえられる悩みもないのです。

※ここ最近になされた破産法改正のおかげで、手元に残せる財の上限が大幅に拡大されました(自由に私有できる財産のなお一層の拡大)。

※破産の手続きを申立てたなどという理由で選挙権又は被選挙権などの権利が停止されたり奪われるということはありません。

※破産の手続きを行ったことを理由に、そのことが戸籍あるいは住民票といった紙面において明らかにされるということは全くありません。

≫破産の手続きをしたからといって返済義務のある借金が帳消しになるとしても何から何まで免責になるというわけではないことに注意です。

損害賠償ないしは所得税、養育費や罰金というように支払い義務の免除を受け入れると著しく問題がある債務に限っては、免責が決まった以降も返済義務を請け負い続けることが定められているのです(免責が認められない債権)。

自己破産申告の財産価値を表現するときの目安は改正された法(平成17年における改定)における基準ですが申請と同時に自己破産が確定になるための認定基準は、業務上の要請から、旧法と等しい認定水準(20万円)にて運用される例が多い故債務者の財産売り払いをおこなう管財事件という種類の事件に該当してしまった場合、意外と多くの失費がかかるので気をつける事が重要と言えます。

「友人に借金申し入れされたら…公証人への依頼も検討」 より引用

それならば、「債務整理に詳しい弁護士に相談してみよう」など、債務整理のアドバイスをした方がためになる。 また、断る場合は、期待を持たせず、 ... 【1】【2】は自分で作成できるが、【3】は全国各地の公証役場で公証人に依頼する(有料)。【3】のみ、支払いが滞った場合、民事 …(続きを読む)

引用元:https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0605/sgk_170605_8405935689.html